コラム|【かわい歯科クリニック】運河駅徒歩1分の歯科・歯医者

診療時間
9:15~13:00 /※
14:30~19:00 /※

★:土曜午後は14:00~17:00
休診日:火曜・日曜・祝日
※祝日のある週は火曜診療あり

〒270-0101
千葉県流山市東深井
407-1-1F

運河駅西口徒歩1分
04-7128-7366
  • 地図
  • メニュー

妊婦さんは歯が悪くなりやすいから。マタニティ口腔ケアのすすめ

こんにちは。
 
流山市運河駅から徒歩1分の、かわい歯科クリニックです。
 
 

「妊娠したら、歯ぐきが腫れるようになった」というお悩みは、多くの妊婦さんが抱えています。
 
妊娠すると、歯周病が悪化しやすくなります。
 
「妊娠している時に歯科治療を受けてもいいの?」と迷われる方も居るようですが、妊婦さんこそ、お口のケアのために歯科医院へ通うべきなのです。
 
 

妊娠中はお口の環境が変わります

妊娠すると、歯周病が悪化しやすくなるのは女性ホルモンが増加するからです。
 
ふだんとはお口の環境が大きく変化し、歯周病菌が活発化しやすい状態になるのです。
 
歯周病菌には、女性ホルモンが多い環境で活発化する「プレボテラ・インターメディア」という菌があります。さらに、「ポルフィロモナス・ジンジバリス」という子宮の収縮を促進する菌も存在しています。
 
そんな危険にさらされていながら、妊娠中は、歯を磨くのがつらくてお口のケアがおろそかになってしまうことも多いでしょう。
 
 
歯周病が進行しやすい条件が揃うため、「これまでむし歯ができたこともなかった」という歯が丈夫な人でも、歯ぐきに炎症を起こしたり、出血したりというお口のトラブルに見舞われることになりやすいのです。
 
 

妊娠トラブルや早産のリスクも…

歯周病がひどくなると、細菌が粘膜や血管から体内へ入り、炎症物質が身体中を巡ります。
 
そんな事態になると、胎児の発育に悪影響を及ぼす妊娠トラブルが起こりやすくなります。
 
子宮に影響が及ぶと、陣痛を促進することになって早産・低体重児出産のリスクが高まります。
 
 

そんなリスクを回避するためには、歯周病が悪化する前の早期対策がおすすめです。
 
妊娠したら、体調と相談しながら早めに歯科検診を受けるようにしましょう。
 
自治体によっては、妊婦さんが無料でマタニティ検診を受けられる制度を利用できる場合もあります。
 
 

プロケアで改善することがあります

かわい歯科クリニックでは、妊婦中のお口のケア方法のアドバイスや、クリーニングを行っています。
 
歯周病の症状は、歯科医院でクリーニングを受ければ改善されることもあります。
 
体調に配慮しながら治療を進めますので、お困りのことがあれば当院にご相談ください。