コラム|【かわい歯科クリニック】運河駅徒歩1分の歯科・歯医者

診療時間
9:15~13:00 /※
14:30~19:00 /※

★:土曜午後は14:00~17:00
休診日:火曜・日曜・祝日
※祝日のある週は火曜診療あり

〒270-0101
千葉県流山市東深井
407-1-1F

運河駅西口徒歩1分
04-7128-7366
  • 地図
  • メニュー

歯を失うのは加齢のせいじゃない!80歳で歯を20本以上残せる

こんにちは。
 
流山市運河駅から徒歩1分の、かわい歯科クリニックです。
 
 

若い時は漠然と、「高齢になれば歯を失って、入れ歯になるのが当たり前」などと考えているかもしれませんが、そんなことはありません。
 
歯を失うのは加齢のせいではないのです。
 
歯を失う主な原因は、むし歯と歯周病です。つまり、お手入れ不足が理由です。
 
きちんとケアをすれば、80歳になっても自分の歯を20本以上残すことができるのです。
 
 

歯が20本あれば食べる幸せを満喫できる

平成元年から厚生労働省と日本歯科医師会が行っている「8020運動」では、「80歳になっても20本以上、自分の歯を保とう」と提唱しています。
 
歯は、親知らずの4本を除くと全部で28本です。そのうち20本残っていれば、自分の歯でしっかりと噛んで食べることに満足できます。
 
生涯を通じて食事を楽しむことができれば、質の良い暮らしを送れているという幸福感を得られます。
 
末永く幸せに暮らすためにも、歯を20本残すことは非常に大切なのです。
 
 

50%以上の人が今では8020を達成している

この取り組みを始めた頃、80歳の歯は、平均4~5本しか残っていませんでした。
 
80歳で20本の歯が残っている人は7%しかなく、かつては高齢になれば歯を失って入れ歯になるのが当たり前の時代だったのです。
 
けれども、2016年に行われた厚生労働省による歯科疾患実態調査では、8020を達成している人が全体の51.2%、つまり勘半数となりました。
 
これは、多くの人の歯のケアに関する意識が向上したことによる成果です。
 
 

過半数の人が8020を達成できた理由とは?

1日3回以上の歯磨きをする人がこれまでの倍以上に増えました。
 
歯間清掃具(デンタルフロス、歯間ブラシなど)を歯磨きに採り入れる人が増えました
 
・歯科医院で定期検診を受ける人が増えました。
 
フッ素配合の歯磨きのシェアが増えました。
 
砂糖の消費量が減少しました。
 
上記のような、歯の健康に関する意識改革が進み、お口の健康状態が向上しました。
 
つまり、毎日の歯磨きを始めとするケアをしっかり行っていれば、80歳になっても20本以上、自分の歯を残すことができるのです。
 
 

かわい歯科クリニックの定期検診では、一人ひとりの患者さまのお口に合わせた、効果的な歯磨きの方法をアドバイスしています。
 
自分に合った適切なケアを実践して、歯を長持ちさせて健康寿命を延ばしましょう。